ヘッダ画像
 

*DOIが有効になるまでにはコンテンツ公開後1週間程度の時間がかかります。ご注意ください。

 

Q&A

  • SI-Box全体について
    • Q. 専修大学学術機関リポジトリ(SI-box)への登録方法を教えてください
    • A. 本学の紀要論文と博士論文(2011年度以降)は図書館で代行登録をしております。著作者自身が直接登録することもできます。詳細はセルフアーカイブをご覧ください。
    • Q. SI-Boxとは何ですか?
    • A. 専修大学学術機関リポジトリの愛称です。
      専修大学が21世紀ビジョンとして掲げた「[社会知性=Socio-Intelligence]の開発」によって生成された「知」を入れておく[箱=Box]という意味が込められています。
    • Q. 外国人向けサイトはありますか?
    • A. 英語サイトを用意しています。
      トップページのLanguageをEnglishに切り替えてください。
  • 著作権について : リポジトリ公開にあたって
    • Q. 機関リポジトリで論文を公開する際に関係する著作権は、どんなものがありますか?
    • 論文をリポジトリへ登録・公開するには、著作権のうち「複製権」と「公衆送信権」が必要です。リポジトリへコンテンツをご登録くださる際は、著者の皆さまによって、これらの権利の行使を図書館に対してお認めいただくことが必要になります。
      ●複製権:著作物を有形的に再製することに関する権利。例えば、紀要の冊子を電子化することは複製にあたります。また、電子化したデータをサーバのハードディスクに保存することも複製です。
      ●公衆送信権:著作物を公衆向けに「送信」することに関する権利。電子化したものをリポジトリで登録すると、インターネットを通じて不特定多数の利用者へ公開することになりますので、公衆送信にあたります。
    • Q.機関リポジトリに論文を登録すると、論文、学位論文等の著作権は図書館に譲渡することになるのですか?
    • A. いいえ。
      著作権は、著作者に残り、図書館に譲渡されるものではありません。
      リポジトリに論文を登録する場合、著作者は図書館に対してリポジトリの登録の許諾(複製権と公衆送信権の行使)をします。これは、機関リポジトリでインターネットを通じて論文などのコンテンツを公開するために行うもので、著作権が図書館に移転するものではありません。
    • Q.論文を投稿した際に、著作権を出版社(学会)に譲渡しています。その論文を機関リポジトリに登録することができますか?
    • A.出版社(学会)に著作権を譲渡している場合は、出版社(学会)の許諾を得ることで、機関リポジトリに登録することができます。ただし、出版社が著作者自身の所属機関でインターネットの公開を行う場合に限り、許諾申請は不要などのところも多くありますので、出版社がどのような方針をとっているかを確認してください。 
      電子ジャーナルの全文ファイルの利用を許可している出版社、学会等を下記のサイトから確認することができます。 
      学協会著作権ポリシーデータベース(SCPJ)  
      SHERPA/RoMEO - Publisher copyright policies & self-archiving
    • Q.共著者がいる場合、機関リポジトリで公表する際に共著者全員の許諾をとる必要はありますか?
    • A. はい。
      著作権を個々の著作者が持っていれば、全員の同意が必要です。ただし、第1章、第2章など、章ごとに著作者が異なる場合などは、自分が執筆したの部分のみを機関リポジトリに登録することができます。
    • Q.既に販売している単行本で、著作の章部分のみの公開は可能ですか?
    • A. はい。公開は可能です。
      出版とは異なり、インターネットで公開している機関リポジトリでは、章のみの公開が可能になります。
    • Q.論文中に冊子への掲載のみを許諾されている挿絵がありますが、機関リポジトリに登録する際に再度、許諾が必要ですか?
    • A. はい。「機関リポジトリに登録するための許諾」が必要です。
      論文中の挿絵や写真も著作物として保護されますので、掲載している著作物の著作権者に対して、複製し、公衆送信することの許諾を得る必要があります。なお、許諾が得られなかった場合は、該当する部分を白く塗りつぶすなどして、公開しないようにすることが可能です。
  • 著作権について : 論文執筆にあたって
    • Q.著作権の保護期間について詳しく教えてください。
    • A. 著作権の保護期間の原則は、著作物が創作された時から著作者の死後70年が経過するまでとなっています。この原則通りにはいかない特別の事情がある場合には、著作物の公表の時点を基準として保護期間を定めています。
       著作物の種類 保護期間
       (原則) 著作者の死後70年
       無名・変名 公表後70年
       団体名義 公表後70年
    • Q.自分の論文に他人の論文を引用する場合、出所、出典を明確にすれば、許諾を得ずに使えますか?
    • A. 使えます。但し「出所の明示」が、必要です。
      また、それ以外にも「正当な範囲内」であること、引用部分と自分の論文(著作物)の部分の「主従関係」が明確であること、カギ括弧などに「引用部分」が明確になっていることが必要です。(著作権法第32条)
      引用の範囲を超えると思われる場合は、著作権者に了解を得てください。
    • Q.他の論文に掲載されている図表や写真を論文に掲載する際、著作者の許諾が必要ですか?
    • A. 許諾が必要です。
      図表や写真は、思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものである著作物(著作権法第2条)とされていますので、保護の対象になり、著作者の許諾が必要です。ただし、データをもとに誰が書いても同じになる図表は、創作者の思想や感情が表現されていないので著作物とはいえないでしょう。また、著作物であっても著作権の消滅したもの (著作者の死後 70 年経過したもの)は、自由に使えます。
      また、著作権が存続している図表や写真でも、「引用」 という使い方であれば、許諾なしで使用することができます。(著作権法第32条)
    • Q.国が発行した白書に掲載されている箇所を自分の論文に転載する際、許諾が必要ですか?
    • A. 必要ありません。
      国もしくは地方公共団体の機関、独立行政法人または地方独立行政法人が一般に周知させることを目的として作成し、その著作の名義のもとに公表する広報資料、調査統計資料、報告その他これらに類する著作物は、転載することができます。(著作権法第32条2項)
      ただし、これを禁止する旨の表示がある場合は、転載できません。しかし、引用の要件を満たせば、引用することができます。
    • Q.他の論文に掲載されている図表や写真を修正して自分の論文に掲載する際、著作者の許諾が必要ですか?
    • A. 許諾が必要です。
      「著作者人格権」のなかの「同一性保持権」(自分の著作物の内容や題号を、自分の意に反して無断で「改変」されない権利(著作権法第20条))の侵害になりますので、著作者の許諾が必要です。
      ただし、修正を加え、全く別の新規の著作物を作成するのであれば問題ないといえるでしょう。
    • Q.名画「モナリザ」を論文に掲載する際、そのまま転載しても良いのでしょうか?
    • A. そのまま掲載できます。
      ダ・ヴィンチは1519年に没していますので、著作権の保護期間は過ぎ、自由に掲載することができます。その際、画集からコピーあるいはスキャナーした画像を利用する場合、絵をそのまま撮影しただけの写真には創作性がありませんので、著作権もないということになります。画集などの著作権は、絵自体ではなく、絵の選び方や並べ方にあるため、絵の著作権を侵害することにはなりません。
  • SI-Boxでの論文の探し方
    • Q. 雑誌『専修商学論集』を探すにはどうすれば良いですか?
    • A.  インデックスツリーから探すことができます。
      「専修商学論集」は商学部が発行している「紀要論文」になるので、画面左側にあるインデックスツリーから、以下の順でリンクをクリックしてください。
      「紀要論文」->「学部」->「商学部」->「専修商学論集」
      どちらの手順でも、リポジトリに登録されている「専修商学論集」の巻号一覧画面が表示されます。
      自分が見たい巻号のリンクをクリックし、目次を開いてください。
    • Q. 「専修大学」に関する論文を探すにはどうすれば良いですか?
    • A.  専修大学に関連する論文を探す場合には「キーワード検索」を使用します。
      キーワード検索には2種類あり、それぞれ検索対象が異なります。
      簡易検索: 論文情報のみを対象に入力したキーワードで検索します。
      全文検索: 論文情報に加え、論文本文も対象にキーワードで検索します。
      また、詳細検索をクリックすると、タイトルや著者名、出版年などで検索することもできます。
  • SI-Boxの論文詳細画面について
    • Q. 書誌レコードIDとは何ですか?
    • A. 国立情報学研究所で提供している「目録所在情報サービス」で使用されているIDです。
      リポジトリに掲載されている雑誌がこのサービスに登録されている場合、表示されます。PDFデータではなく、実際の雑誌が見たい! などという際にご利用ください。※このIDを元に実際の雑誌がどこにあるか検索することができます。OPACでの検索も活用してみてください。 
    • Q. ページ属性とは何ですか?
    • A. コンテンツの種別を表しています。
        C : 表紙、裏表紙など  
        T : 目次、総目次など  
        D : 索引  
        P : 本文(論文、研究報告、論説)など  
        Q : 文献目録、訂正記事など  
        S : 会議報告、投稿規定、奥付など  
        O : その他
    • Q. 1冊の本に同じページが2つあるのは何故ですか?
    • A.1冊の本の中にページ数が重複しているものがあります。
      例えば、序文、本文でページ数が分かれている場合や、両開きの本などがそれにあたります。
      SI-Boxでは本に書かれているページ数をそのまま記載しています。
       参考:両開きの本って?
      両開きの本には右側から始まる本文と、左側から始まる本文が1冊の本に混在しています。この場合、両側からページ数を数えることになるので、1ページが2箇所出てきます。そのため、右から数えた場合のページ数、左から数えた場合のページ数の二つが存在します。
    • Q. PDFのリンクをクリックしてもダウンロードができません。何故ですか?
    • A. PDFのリンクをクリックした際に、以下のメッセージが表示されることがあります。
      「ファイルダウンロードにはログインが必要です」
      これは著作権処理中のため、ファイルダウンロードに制限がかかっている状態になります。
    • Q. DOIとは何ですか?
    • A. DOI(Digital Object Identifier)は学術コンテンツの電子データに付与される固有の識別子(番号)です。サーバの移転などによるリンク切れを防ぐことができるため、引用などの際にこのDOIを利用すれば恒久的なアクセスを保障できます。